オープンセミナー だれでも無料

相続の専門家が知っておくべき相続土地国庫帰属制度と引取業者の現状と課題

相続の専門家が知っておくべき"売れない不動産”の相談対応マニュアルとは?

相続のサポートをしている専門家やコンサルタントの方なら、一度は空き家や土地の処分について相談を受けたことがあることでしょう。

相続土地国庫帰属制度が1年前からスタートし、不要な不動産を売れず困っているお客様の数は制度のスタート前と比較し約4倍に増えたという声もあり、この制度や引取事業者への関心度が高まってきています。
相談を受けるきっかけの大半は”相続“で、どうしてよいのか分からないと困っており、私たちをはじめとする専門家や相続コンサルタントのサポートが必要であるのは間違いありません。

今回のセミナーでは、不要不動産の引き取り事業者であるLandIssues株式会社 代表取締役の松尾 企晴 氏にご登壇いただき、実例を基にお客様目線で現状と課題を把握し、不動産を知らなくてもできる相談対応についてお伝えします。
松尾企晴氏は不動産相続の問題解決の専門家で、これまでに5,000人以上の不動産にまつわるトラブルや悩みを解決してこられました。
日本全国にある山林・原野・沼地から別荘地や私道など、あらゆる不動産を引き取り、また遊休不動産の再生事業にも取り組まれてます。

不要土地のオーナーの一番の悩みは、目の前の負担ではなく、その不動産が「次世代に相続されてしまう可能性」だそうです。
この悩みは本当に深く、その分、不要土地の引取りが決まると非常にお客様に喜んでいただけるとのこと。
この「お客様に感謝される」相談対応手法をぜひ本セミナーで知っていただき、皆さまの関与先の問題解決にご活用ください!

セミナー概要

●国庫帰属制度と引取事業者の基本おさらい
●制度スタート1年経過で見えた現状と課題(引き取り相談事例)
●今後の専門家の役割と相談対応

日程
2024年5月24日 (金) 18時00分 〜 20時00分
受講方法
オンライン受講
参加費用
どなたでも無料でご参加いただけます
講師

松尾 企晴 氏(プロサーチ株式会社/LandIssues株式会社 代表取締役)

「不動産を持っていて相続に悩む方の問題解決」を専門とし、家族信託、底地や借地、アパートなどの不動産相続対策など幅広いジャンルに精通しこれまで5,000人以上の悩みや不安を解決。『話をじっくり聴く』、『お客様のありたい姿を引き出す』という提案ありきではない姿勢に定評がある。

本セミナーにお申込の方

セミナー申込

入会希望の方

入会する

TRINITY LABO.について詳しくはこちら