オープンセミナー だれでも無料

どこで失敗する?実務家が陥る相続対策の落とし穴 ※好評のため再開催

※2023/10/11に開催したセミナーと同じ内容です。ラボ会員はこちらから動画でご視聴いただけます。


プロが犯しやすいミスのポイントとは?

一口に相続対策といっても様々な方法がありますが、一歩間違えると顧客に大変な損害を与えてしまう可能性がある対策も多く存在します。例えば、作成に公証人が関与する公正証書遺言でさえも、専門家がしっかりとコンサルティングをして作成しなければ、遺産の特定や分割方法の表現に不具合があり、実際に相続発生時には使えないものになってしまっているケースもあります。(公証人は法的観点及び一般論的観点からのアドバイスや修正はしてくれますが、個別具体的な細かい論点までは踏み込みません。)

本セミナーは、相続対策を体系的に捉え、相続対策の失敗しやすいポイントを学んでいただく事で、誤った相続対策を察知・回避するための知識を身につけていただき、相続コンサルタントとしてより一層レベルアップしていただける内容となっています。
講師は司法書士法人トリニティグループにて、家族信託及び相続のコンサルティング現場を多数経験し、現在は大阪にてえほん遺言司法書士事務所を運営している司法書士の水上和巳先生です。水上先生には、自身の経験にも触れながら、事例を通じて実務家が陥りがちな相続対策の落とし穴について徹底解説していただきます。
相続領域のコンサルティングに関わる皆様に是非ご聴講いただきたい内容です。ぜひお気軽にお申込み下さい

セミナー概要

・相続対策を体系的に捉える。
・実務家が陥りやすい相続対策のポイント
・そもそも、相続対策をやらなかった事例。
・相続登記の重要性を再認識
・不動産の生前贈与に意味はあるか?
・実際にあった専門家による相続対策のミス!

日程
2024年7月2日 (火) 16時00分 〜 18時00分
受講方法
オンライン受講
参加費用
どなたでも無料でご参加いただけます
講師

水上 和巳 氏(えほん遺言司法書士事務所 代表司法書士)

大阪府吹田市生まれ。司法書士試験合格後、
司法書士法人トリニティグループへ入社し、令和元年に役員就任。
令和3年に独立し「えほん遺言司法書士事務所」を開所。
トリニティグループ時代に培った、家族信託を含む相続関連の実績に基づいたセミナーでは多数の高評価を獲得している。
営業企画からマーケティング、実務まで全ての業務を担当しているため、相続マーケットを知り尽くしており、士業や相続関連のビジネスパーソンへのコンサルティングにも定評がある。

本セミナーにお申込の方

セミナー申込

入会希望の方

入会する

TRINITY LABO.について詳しくはこちら