月例セミナー LABO会員無料

【月例】遺産分割協議が難しい事案への対応事例解説~認知症の相続人がいる場合の対応を中心に~(TRINITY LABO.会員限定セミナー)

スキームを活用し、ご相談者様の課題解決を実現した事例を解説します!

相続コンサルティングの現場では、遺産分割に関するご相談も多々あるかと思います。
皆様のもとにも、相続が発生してからのご相談はもちろん、遺産分割において揉めないように対策をしておくためのご相談が舞い込んできたこともあるのではないでしょうか。
ただ対策を講じていくにも、推定相続人の皆様がご健在で連絡もつきやすくあればいいのですが、ご家庭によっては相続人の中に認知症によって判断能力が無い方がいらっしゃることもあるでしょう。
例えば「不動産を売却したいが相続人の一人が認知症であるケース」においては、遺産分割協議を行うためには成年後見制度を利用せざるを得ないという判断がこれまでの実情です。
しかし実務家の皆様においてもあまり知られていないあるスキームを活用すれば、成年後見制度を利用せずとも認知症の方の遺産分割問題を解決に導くことが出来ます。
今回はこの“あるスキーム”を実際に活用し、ご相談者様の課題解決を実現した事例解説セミナーを開催します。
講師は弁護士の西野 弘起先生(西野弘起法律事務所/代表弁護士)です。
本セミナーでは西野先生に以下の内容で2時間たっぷり解説していただきます。

専門家の先生はもちろん、相続領域のコンサルティングに関わる事業者の皆様にもご受講いただく事で、お客様に対するコンサルティングの幅を拡げていただけるヒントが詰まっていますので、ぜひたくさんの方のご参加をお待ちしております。
また今回はハイブリッド開催という事で、オンライン受講とリアル会場での受講もお選びいただけます。
リアル会場ではセミナー後に懇親会もご用意しておりますので、是非講師の西野先生や他の参加者の方とご交流ください!

セミナー概要

・遺産分割の制度解説
・遺産分割協議が難しい事案におけるあまり知られていないスキームとは?
・《事例解説》相続人の中に認知症の人がいる場合の遺産分割事例
・《事例解説》あらゆる連絡手段にも応答しない相続人との遺産分割事例

※セミナー後に懇親会を予定しております。

日程
2024年7月26日 (金) 16時00分 〜 18時00分
受講方法
会場またはオンライン受講
参加費用
ラボ会員:無料 ※懇親会は有料
講師

西野 弘起 氏(西野弘起法律事務所/代表 弁護士)

大阪大学法学部卒業・大阪大学高等司法研究科(大阪大学法科大学院)修了
平成25年司法試験予備試験合格・平成26年司法試験合格
司法研修を経て平成28年に弁護士登録し大阪市内の法律事務所に勤務
令和3年7月に西野弘起法律事務所を開業
[取扱分野]
IT・SNS関連企業法務
相続・交通事故・債務整理など
〈著書〉
共著:三士業がクロスする相続事案の解決力 清文社
https://store.skattsei.co.jp/book/products/view/47)
記事:「利用規約を作成する際のポイント」(https://chokoben.com/media/riyokiyaku_sakusei)

備考
※懇親会にご参加いただく場合は、別途費用がかかかります。詳細につきましては、決まり次第お知らせいたします。

本セミナーにお申込の方

セミナー申込

入会希望の方

入会する

TRINITY LABO.について詳しくはこちら